表紙へ
                                            




基本天中殺:寅卯天中殺(二代目三代目運)初大運天中殺移動条件あり。繰り下がりと繰り上がり現象あり。甲戌・乙亥(繰り下がり)戊寅・己卯(繰り上がり)
子―酉=破法(常に心の中での葛藤があり、苦しみ悩みを所有。)
子 〇 子=比和(地支挟格)分裂でも融合でもなく、自分が二人。一人なのに二人分働く等。
日干壬で母親は辛(月支酉の中に存在)※宿命の地支挟格=浮気に注意。(異性に注意)子〇子
                           
年運 2017 33 丁酉 司禄星 天恍星   破  比和自刑  破
※日干壬と丁の干合(化木) 司禄星(正妻) 天恍星(分岐点)
2017年の立地(途中行程)は、比和であり自刑。
たっている場所が人生の区切り目であり、私的世界のトラブル・家族の問題でもめる。破法の葛藤が強く心の中の悩み苦しみが強くなります。
水偏りの人(水旺)は、刑法が回ってきた場合には、当然人との争いになります。立地(中央)の場所なので、常に自分がいる場所で(酉―酉(地上)自刑)プライベートや家族間で起きている問題が起き、理論・理屈で解決しようとし、(法律的な事で解決等々)大変に理論・理屈が強くなり自分の思いを押し通します。



基本天中殺:子丑天中殺(初代運) 
宿命の甲―己=暗合(化土)土性が回る時一気に干合します。
大運2012 31 己亥 司禄星 天貴星 日干甲と己の干合(化土)
大運=戊戌・己亥・庚子→変剋律大運と庚子・辛丑→大運天中殺(重なりあり)

宿命の六文字は木金既済的=木3個・金2個・土1個→土生金で金性を応援し、金が3個的になります。 3対3で日干が木性で木金既済となり、現実世界で激しく生きる人。
守る事と戦う事が激しくぶつかりあいます。(※土性は既済になりません。)
水性(壬・癸)が後天運で加わると激しさがなくなり救いになります。金生水生木。

2017 36 丁酉 調舒星 天報星=仕事や社会参加の場所が比和・刑法(自刑酉―酉)
今年は自分の仕事や社会参加の場所が二つになる。プライベートのトラブルがありますが、遠い場所(東方自刑)で起きているトラブルなので、あまり自分には影響がないような感じですが、仕事の世界の補佐役とのトラブルはあるでしょう。